恋に恋するMちゃんを彼氏が撃退!!

私が大学に入学した時、Mちゃんという女の子と友達になりました。最初は親切でとてもいい子だと思っていたのです。
ところがこのMちゃんは恋愛をすることが大好きな子でした。私が思うに、恋に恋するタイプだったと思うのです。
気に入った男性がいると積極的にアタックをしかけ、たとえばその男性に既に恋人がいても全くお構いなしでした。自分の彼氏にちょっかいをかけられた別の友達に悩みを打ち明けられたこともしょっちゅうありました。Mちゃんのせいで関係が拗れてしまったカップルもいました。
こんな人が側にいる状態で恋愛なんてとてもできそうにない、社会に出てからいくらでも出会いはあるだろうと私は思っていたのですが、ある時一人の男性に告白されたのです。彼は優しく頼りがいのある男性だと前から思ってはいましたので、告白されたことは素直に嬉しく、断りたくなかったので、付き合うことにしました。ですが私がその男性と付き合うことにしたことは、他の友達に「Mちゃんの耳には入らないようにしてね」とお願いしておきました。そして彼にも「Mちゃんと接点を持たないように」と約束をしてもらいました。
ところがどこから知ったのかMちゃんは私と彼が付き合い始めたことを聞きつけて、私に「彼ってどんな人?どんなところが好き?」と頻繁に彼のことを聞いてくるようになってしまいました。他の友達が見かねて注意しても聞く耳持たずでした。
そしてとうとう彼にMちゃんがアタックを始めてしまったのでした。Mちゃんは外見が可愛らしいこともあって私は不安でたまらなかったのですが、彼は揺るがなく、Mちゃんを鬱陶しがる仕草をするようになりました。
Mちゃんは自分になびかない彼をなんとかして振り向かせたかったらしく、アピールはエスカレートしていき、私と彼が話をしていたり一緒に歩いているとわざと割りこんできて、彼に抱きついたりするようになりました。頭に来た私は何か言ってやろうかとしたのですが、なんと彼の方が対策を考えていたのです。いままでMちゃんにちょっかいを出された男性たちを呼びよせ、一斉にMちゃんを批難したのです。「そうやって誰にでも気に入られようとするんだな、この尻軽!」「気持ち悪いんだよ!」「お前のせいで彼女と別れた、どうしてくれるんだ!」など。Mちゃんは泣き落としに出ましたがそれでも許されず、散々言われてからようやく解放されたのでした。その次の日から、大学でMちゃんを見ることはなくなり、彼とは今も仲良く関係を続けています。

出会い系ペアーズに登録するなら今がチャンスです!